データ作成ガイド

ネット印刷用入稿データは、下記にあるPDF・Illustrator・Photoshop・InDesign・MS Wordのいずれかの形式でお願いしておりますが、それぞれの弊社推奨のPDF作成方法をおすすめします。

※ データ不備がある場合は、データの再入稿もしくは受付日が延びる場合がございます。
    印刷用データ作成の際は十分にご注意ください。


pdfアプリケーション別PDFデータ作成ガイド(おススメ)


最近、PDFデータの正確性と利便性が認められ、多くのお客様が印刷データをPDFデータに移行しております。PDF形式なら、データサイズがコンパクトになりますし、配置画像のリンク切れの心配もなくなります。

[PDFファイル作成前の注意事項]

  • 全ての書体は必ずアウトラインをしてください。
  • グラデーション、パターン、透明度などの各種効果を使用した部分は、必ず画像化してください。
    (書体を除いたイメージ画像は、ラスタライズ化またはビットマップ処理)
[作業プログラムでPDF作成]
  • PDF作業ファイルは、表面、裏面をそれぞれ分けてファイルを作るのではなく、表面と裏面を順番通りのページを作って、一つのファイルで入稿してください。
  • 保存する際の、PDFファイルの作り方は、Illustrator・Photoshop・InDesign 全て同じです。

[PDF作成方法 – Illustrator]
  1. PDF作成の前に、すべてのフォントがアウトライン化されているかご確認ください。
  2. PDF化したいファイルをIllustratorで開きます。ファイルメニューの「複製を保存」から開いているデータを保存します。

  3. 保存先を選択し、ファイル形式から「Adobe PDF(pdf)」を選択してください。

  4. Adobe PDFを保存のダイアログが表示されたら、Adobe PDF プリセットから「PDF/X-1a:2001(日本)」のプリセットを選択します。

  5. 「PDFを保存」を押します。その後「編集機能の一部が使用できなくなる可能性があります」と表示されますが「OK」をクリックしてください。
[PDF作成方法 – InDesign]
  1. PDFを書き出す前にデータのチェック。
  2. メニュー「ファイル」→「PDF書き出しプリセット」→「PDF/X1a:2001(日本)」を選択してください。

  3. ファイル名を付けて「保存」します。

  4. 下記のイメージのとおり「トンボと裁ち落とし」をチェックしてください。

  5. 上記が完了したら、「書き出し」を押してPDFを作成してください。
  6. 必ず、書き出したPDFデータを開いて、内容をご確認の上ご入稿ください。

[PDF作成方法 – MS Word (2007以降) ]
  1. [ファイル] タブをクリックして、[名前を付けて保存] をクリック


  2. [ファイルの種類]をクリックして、[PDF]をクリック

  3. 保存先を選択して保存してください。

  4. 以上で完了です。

    [※RGBデータのご注意]
    • Office系は、カラーモードがRGBのため、印刷時にCMYKに変換されます。 そのため、色目がくすむ場合があります。
    • 色目の変化についてはご了承頂いているものとして進行させていただきますので、ご了承ください。
    • RGBデータのご注意

[※特別に注意してください。]
  1. 印刷通販アドピアではPDF/X-1a形式での変換をおすすめします。
  2. PDFの変換にはAdobe社のAcrobatを推奨しております。
  3. カラーモードは原則としてCMYKでのご入稿をお願いしております。
  4. フォントは全てアウトライン化がされた状態でご入稿ください。
  5. 画像の解像度の設定は300~350dp(PDF/X-1a・プレス品質)でお願いいたします。

aiAdobe Illustratorで入稿する場合

[対応Os / Ver]
  • Windows Vista / Windows7 ~ Windows10
  • MacOSX / MacOS9
  • Adobe Illustrator CS ~ CS6 / CC ~CC (2020)
[入稿データの基本チェック項目]
  • カラーモード、特色 / オーバープリント、透明処理 / ラスタライズ効果設定 / アウトライン
  • 画像のリンク / 仕上がりサイズ / 折位置 / 裁ち落とし / 塗り足し / 画像の解像度
  • 画像の明るさ / 文字切れ
[新規ドキュメント作成の設定について]
  1. 裁ち落としの値を、天 / 地 / 左 / 右すべて0に設定後、作業してください。
  2. カラーモードは、必ずCMYKを選択後、作業をしてください。
    (RGBから、CMYKに変更すると、色の誤差が大きく現れます。)
  3. ラスタライズ効果は、高解像度(300ppi)でお願いします。


[フォントの確認およびアウトラインの作成]
  1. 印刷をするために、使用フォントを画像化するアウトライン作業が必要になります。
  2. 該当のテキスト オブジェクトを選択 →「書式」→「アウトラインを作成」
  3. 「書式」→「フォント検索」で、ドキュメントフォントが残っていないことを確認後、入稿するようにしてください。
  4. 文字の輪郭線が見えなかったり、点のように表示されたりする残像は、削除されるか、全体を選択後にアウトラインをしていただきますよう、お願いいたします。
  5. 印刷データのアウトライン作成

[アウトラインができているかの確認方法]

   「書式(文字)」→「フォント検索」

  • フォント名が表示された場合は、データにアウトライン化されずに残っている文字があるということです。表示されたフォント名を選択して「検索」をクリックすると、そのフォントが使用されている部分に移動することができます。必要な文字のデータの場合には、アウトラインを作成してください。不必要な物のデータの場合は、削除してください。
  • 文字はすべてアウトライン化したはずなのに、フォント情報が残っている場合には、以下のことが考えられます。
  • 孤立点 … テキストツールで文字を入力しようとしてドキュメント内でクリックしたものの、何も入力しないまま他の作業をし、クリックした所にできた点のこと。
  • ロックがかかった文字がある場合 …「ロック」を解除してから、確認。
  • 非表示の文字がある場合 …「隠す」を解除、もしくは「隠しレイヤーを表示」してから、確認。
  • 文字を使ったパターンをスウォッチ登録し使用している場合 … スォッチの編集で、パターン内文字のアウトラインを作成してください。
アウトラインを作成した後のファイル名は、別名で保存をすることをお勧めします。
  (アウトライン後は、編集ができなくなるため、アウトライン前、アウトライン後の別々のファイルでの保存をお勧めします。)

[各種効果統合およびラスタライズ化について]
 問題なく印刷をするために、イラストレータープログラムで使用した様々な効果を、画像ファイルにしてください。
  1. 効果、一部フィルター、Featherなど。
    ・効果をつけたオブジェクトを選択 →「オブジェクト」→「ラスタライズ」
    ・効果の範囲によって、選択しなければならないオブジェクトが異なります。

  2. 透明度の統合
    ・効果をつけたオブジェクトを選択 →「オブジェクト」→「透明部分の分割・統合」
    ・[ラスタライズ/ベクトル設定]ベクトル:100
    ・[すべての線をアウトラインに変換]:チェック入
    ・[オーバープリントと特色を保持]:チェック入

  3. ラスタライズについて。
    ・グラデーション、透明度および各種効果を使用した部分は、印刷時反映されないことがあります。
    ・作業後に、必ずラスタライズ化をお願いします。(書体を除外した、イメージ画像はラスタライズ化 またはビットマップ処理)
    ・ラスタライズは、オブジェクト、ラスタライズ選択後、カラーモードはCMYK、解像度は300dpi、背景はホワイト(白色)、オプションはチェックしないで作業してください。

  4. 画像のリンクについて。
    ・埋め込み」は、ファイルサイズが大きくなる短所もありますが、リンク切れなどのトラブルを防ぐことができます。
       また、Illustrator上でのプレビュー画像でも、詳細に表示され、データの受け渡しもIllustratorのデータのみで済みます。
    ・リンクパレット上で画像がリンク状態の場合は、ファイル内に保存されるよう、リンクを埋め込んだ状態に修正してください。
    イラストレーターの画像リンク

       [リンクを修正する方法]


  5. オーバープリントチェックの確認について。
    ・作業しながら、重複印刷をチェックしなくても、別のファイルからデータをコピーし使うことで、知らない間に重複印刷にチェックされている場合がございます。事前にご確認ください。
    ・「表示」→「オーバープリントプレビュー」をクリックし、ウィンドウを開けたまま、オブジェクトをクリックした時、重複印刷ボックスにチェックがされていないことを確認してください。

    オーバープリントチェックの確認
  6. アウトラインについて。
    ・ブラシやパスの模様に効果を付けた場合は必ず、アウトライン処理をしてください。


  7. ドキュメント情報の確認。
    ・「ウィンドウ」→「ドキュメント情報(D)」で、印刷時に問題がないか確認してください。
    ・ドキュメント情報のメニューの中で、オブジェクトを選択し、出てくるリスト上すべてが「なし」になっていることを確認してください。
       (「なし」ではなく、数字が表示される場合は、その部分の問題を解決してください。)

[※特別に注意してください。]
  • 作業時、オブジェクトのロック機能を使用しないでください。
  • レイヤーの使用はお控えください。(レイヤーの結合やグループ化をすると、エラーが発生する可能性がございます。)
  • 作業ボックスを選択した後、「ガイドを作成する」機能を使用しないでください。
  • 図形で、パスファインダー使用後は、拡張を選択してください。
  • 透明度、グラデーション、影効果などを使用した場合、必ずラスタライズ化をしてください。ただし、アウトラインされている書体をラスタライズ化した場合、イメージ画像化されるため、文字が鮮明ではなくなります。やむを得ない場合(書体とイメージ画像の合成、書体の効果を使用した場合)を除いて、書体はラスタライズ化しないでください。ラスタライズ化をした場合、画像の順序が変わり、隠れてしまう部分が生じることがありますので、必ずご確認ください。
  • 線を使用される場合の最小の太さは、0.25ptです。細い線に、4原色をすべて使用した場合、ピントが合わなくなる恐れがあります。細すぎる線の場合、画面上で肉眼では確認できたとしても、実際の印刷物上では表現されない場合があります。

※ IllustratorからPDF変換サポートページ


psPhotoshopで入稿する場合

[対応Os / Ver]
  • Windows Vista / Windows7 ~ Windows10
  • MacOSX / MacOS9
  • Adobe Photoshop CS ~ CS6 / CC ~CC (2020)
[新規ドキュメント作成の設定について]
フォトショップでの新規ドキュメント作成手順を、仕上がりサイズA4縦(210×297mm)を例にご説明します。
  1. メニュー「ファイル」→「新規」で次のように設定してください。
  2. 解像度を、350ピクセル/インチに設定してください。
  3. カラーモード:必ずCMYKカラーを選択してから、作業してください。
    (RGBカラーから、CMYKカラーに変更すると、色や印刷の質感が大きく変わります。)

[レイヤーの結合について]
背景に、画像を統合させてください。 (作業しながら生じた、複数のレイヤーを一つに結合させます。)
  1. メニュー「レイヤー」→「画像を統合」か「レイヤーパレット」のサブメニューから「画像を統合」を選択してください。
  2. 「画像を統合」作業をすると、複数あったレイヤーが一つの「背景レイヤー」になります。 また複数あるレイヤーの中に、非表示レイヤーがある場合、この作業をすることで非表示レイヤーは破棄されてしまいますので、ご注意ください。
  3. 画像の統合後には、テキストの編集やレイヤー毎の編集が不可能になるため、ファイルのバックアップをとってから、統合することをおすすめします。
[保存フォーマットと解像度の設定について。]
Photoshopでデータ入稿する場合は「PhotoshopEPS形式」で保存してください。
  1. 「ファイル」→「別名で保存」の順にクリックします。
  2. 「フォーマット」:「Photoshop EPS」を選択し、「保存」をクリックします。
  3. EPSは、印刷物で一般的に使用されるファイルの保存形式です。
       データトラブルが少なく安全性が高いため、Photoshopデータの入稿の際にもっとも使用されています。
    画像の品質が低下しないように、「JPEG – 最高画質(低圧縮率)」を選択してください。
[テキストやロゴマークは、イラストレーターで]
  1. 文字やロゴは、イラストレーターで作成をしてから、データを移してください。
  2. Photoshopで作成した場合、鮮明に出力されなかったり、文字化けしたりする可能性があります。
    Photoshopでは、イメージ画像のみ、正しく表示されます。
  3. ロゴマークは、イラストレーターで
[※特別に注意してください。]
  • Bitmapモード < tiffファイルを作って、イラストレーターで別途色を指定する方法はお断りいたします。
    黒色として、出力される可能性があります。
  • 写真撮影時のイメージ画像や、ウェブ上のすべてのイメージ画像は、RGB方式になっているので、 すべてのイメージ画像は必ずCMYKに変えてください。
  • 原本ファイルが、72dpi程度の低い解像度を、350dpiに変更したとしても、高解像の鮮明な画像には変わりません。
    原本から、350dpiの高解像ファイルで、作業をしてください。
  • モノクロ印刷・特色1色刷りの場合は、600dpi程度をおすすめいたします。

※ PhotoshopからPDF変換サポートページ


idAdobe InDesignで入稿する場合

[対応Os / Ver]
  • Windows Vista / Windows7 ~ Windows10
  • MacOSX / MacOS9
  • Adobe InDesign CS ~ CS6 / CC ~CC (2020)
  1. 文字のアウトライン化が完了しているかご確認ください。
  2. 書類を作成する際には、カラーモードをCMYKに設定してください。
  3. InDesignでは、塗り足しを作成するために「裁ち落とし」の設定をする必要があります。
  4. 配置した画像は埋め込むか、リンク画像としてデータと一緒にご入稿ください。
[新規ドキュメント作成の設定について]
  1. 「ファイル」→「新規」→「ドキュメント」で始めます。
  2. 画面上部から、「印刷」のカテゴリーを選択します。カテゴリーを選択することで、カラーモードや単位など、プロジェクトに適したパラメーターが設定されます。

  3. 「裁ち落としと印刷可能領域」をクリックして、すべて「 0 mm」に設定します。

  4. 「マージン·段組…」をクリックして、余白を裁断サイズに合わせて入力します。
    (裁断線と作業領域の間の長さを入力します)

  5. ドキュメントが完成しました。外のラインが作業線、内側のラインが裁断線になります。

※ InDesignからPDF変換サポートページ

msWord / PowerPointで入稿する場合

[名刺製作の場合]
  • ページ設定済みの、弊社テンプレートをご利用ください。
  • テンプレートには、実際のサイズに四方1ミリずつの余白が含まれています。
    (名刺91mm×55mm → テンプレート93mm×57mm)
  • 必要な文字やデザインは、切れてしまわないように、5mm内側に収めてください。
  • フチなし印刷をご希望の場合は、背景やデザインをテンプレートの端までしっかりと伸ばしてください。
  • PDFファイル作成の前に、必ずガイドラインを消してください。
[ページ設定について。]
  1. 「レイアウト」→「ページの設定」で、余白、用紙、サイズの設定をしてから、新規ドキュメントを作ります。
  2. 印刷するサイズを入力し、余白はすべて0に設定します。

[フォントの埋め込み方法]
  1. Wordデータの入稿の際、データに使用されているフォントが、弊社未対応フォントの場合、「自動でフォントが置き換えられる」「レイアウトの体裁が崩れてしまう」といったトラブルが生じます。
  2. このトラブルを避けるために、以下の手順でWordデータにフォントを埋め込む作業が必要です。
  3. 「ファイル」→「オプション」→「保存」→「ファイルにフォントを埋め込む」にチェック→「文書で使用されている文字だけを埋め込む」にチェック→「OK」
  4. フォントによっては埋め込みができないフォントもありますので、ご注意ください。
▼ Microsoft Wordで作成されたデータは、PDFに変換しご入稿ください。

※ Microsoft office系からPDF変換サポートページ

pagetop